トップページ > ずっと好きだった人と、恋人関係でのセックスの時に思ったこと

恋人のままでいることと、妻になることは違う

彼は私を自分のほうに向き合わせて、やさしくキスをし、ゴルフ場のシャワーの後で着替えた私のレオナールのワンピースをそっと脱がしてくれた。こんなところも若い男にはない心配りだ、それから両手を私の体にまわして、抱きしめるような格好でブラのホックをはずした。ピンクのブラがパラリと足元に落ちて、私の胸がこぼれる。その胸を永瀬さんはいとおしそうに円を描くように撫で、指と指の間に乳首をはさみこんだ。

乳首はもう、細胞のひとつひとつまでが、彼の愛撫を求めてピンととがり出ている。永瀬さんはそっと背をかがめて、一方の乳首を口に含んだ、ううん……ああ~。思わず、抑えきれずに声がもれてしまう。ゴルフ場のシャワー室で着替えたショーツには、もう大きなシミができている。彼は私をベッドに導くと、ぐっしょりとぬれたショーツを脱がせ、脚をぐっと開かせた。いやだ……恥ずかしい……。でも、ここはこんなになってるぞ。指で、私の熱い亀裂をそっとなぞった。うっ……ああ……。彼の愛撫を待っている私の敏感な部分は、少しの刺激で突き抜けるような快感となる。

そして永瀬さんは、むきだしになって固くとがっているクリを舌先でソフトに刺激し、もっともっとと飛び出してくる突起を次はやさしく噛んでくれた。ひいっ……ああん……ねえお願い、あなたのを入れて……。永瀬さんは、私の背を抱きながらゆっくりと挿入してくる。はあ……気持ちいい。私は、下半身から全身に広がっていく暖かな快感にとろけそうになる。彼は、私の中の感触を確かめるようにじっとそのまま動かない。彼のものでぴったりと満たされている感覚がだんだん増してきて、快感の大波が押し寄せてくる。

後悔しないように生きるというのがわたしのルールなのですが、それを叶えるために池袋にある風俗のお店はあるのではないかな?というようなことをよく思います。やっぱり気持ちが高ぶります。




左手の薬指にはめて宙にかざしてみるとうっとりするような美しさだ。でもそのぶん、左手にはずっしりと重みを感じていた、これが、結婚の重さなんだ……。たいしたことではないような……でも一生背負っていくには重すぎるような、複雑な気持ちだった。翌朝、空には雲ひとつなく晴れわたり心地よい風が吹き抜ける中、私たちはインの一番のティーグランドに立った。

永瀬さんが見事なドライバーショットを放ったあと、私も負けずに思いっきりドライバーを振った。今年の2月、高校の同窓会に出席し、祥子と卒業以来、20年ぶりの再会をした。元気?どうしてた?私に会った驚きと懐かしさで、祥子はすぐに駆け寄ってきた。君こそ元気そうだね。祥子の笑顔とともに、高校時代のある思い出が脳裏によみがえってきた。

What's New
2013/10/31 Recommendを更新しました。
2013/10/27 新着記事を更新しました。
2013/10/26 心地よい夜風を更新しました。
2013/10/23 恋人から妻へを更新しました。
2013/10/21 やさしい目を更新しました。
2013/10/19 突き抜けるような快感を更新しました。
2013/10/18 ずっと好きだった人と、恋人関係でのセックスの時に思ったことを更新しました。
2013/10/15 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
風俗情報.comズバ!風俗情報風俗じゃぱん!
風俗嬢・風俗ギャル情報や高収入風俗求人情報までを網羅全国のデリヘル、ソープ、性感エステ、SMなどの風俗店の情報を紹介するポータルサイト風俗じゃぱん!なら全国の風俗情報が検索できます。